専修大学出版局

小局は、出版という活動を通して、専修大学の学術・研究・教育文化に資することを目的に設立されました。1975年に最初の本として相馬勝夫他著『経営と労働の法理』を刊行し、つづいて本学図書館蔵の稀覯本から復刻した『古典籍影印叢刊』などを出版しました。その後も、学内の出版企画委員会の企画による『シリーズ 性を問う』全五巻など、人文、社会科学系を中心とした書籍や論集などを製作・出版しております。1993年には大学出版部協会に入会して、毎年春の東京国際ブックフェアへの出展など活動の幅を広げております。

また、評論・エッセイ・自分史などの自費出版についても広くご相談を承っておりますので、お気軽にお問い合せください。

専修大学出版局のホームページへ

TEL: 03-3263-4230
FAX: 03-3263-4288